「偏見」のコレクションを捨てましょう!

子供ころ食べたあるものが嫌いで、結構な歳になるまでそれを食べないで生きてきた人って多いと思います。

で、あるとき、その嫌いなものを食べてみたら、なんと「美味しい!!」って感じることもあるわけです。

こんなに美味しいものなら、もっと早く食べておくんだったって悔やむんですよね。

これって食べ物以外にも言えることで、あなたの中にある常識・価値観というものはおおよそ16~20歳くらいまでに出来上がったものです。

この常識や価値観を基にその後の長い人生を生きていきます。

これって冷静に考えると結構なリスクではないですか?

人生は選択の連続です。

点と点がつながり線になり人生というラインが引かれていきます。

点と点の部分で重要な選択・判断を下しているのですが、この選択と判断がアップデートされていない昔のままのものでされていると考えるとちょっとぞーっとしますよね。

アインシュタインは次のような言葉を残していますよ。

「常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションだ」

あなたが幸せや成功を望んでいるのなら、まずは偏見のコレクションを捨てるところから始めないといけませんね。

偏った古い価値観は邪魔になるだけです。

だけど、自分だけは違うってみんな思っているんですよね。

そこが癌です。(^-^)

まずは自分の価値観常識を疑ってください。

人間は全員が「思い込み(偏見)」を持って生きています。

これには例外はありません。

自分の人生を創り上げているものの正体はこの思い込みなんです。

思い込みは潜在意識に根ざしています。

そして、潜在意識はあなたの思考を創ります。

思考はあなたの行動を司ります。

その行動の結果、あなたの人生は出来上がります。

自分の現状に不満があるならまずは、自分の思い込みをチェックするところから始めないとダメです。

自分の友人に全く女性にもてないやつがいました。

彼は「女は◯◯☓☓△△だから」という思い込みをたくさん持っていました。

女性にも色んな人いるのに、そこが分かってないんです。

「女性に対してもっと柔軟な考えをしたほうがもてるようになるよ」とアドバイスをして一向に変わりませんでした。

なのでいまでも独身です(^^)

「自分の思い込みってなんだろう??」って秋の夜長に考えてみてくださいね。

では、今日はこのへんで(^-^)