間違えたセルフイメージで人生損してませんか?

あなたは、自分で自分のことをどう思ってます?

「俺はすっごいぜ!」

「俺ってワイルドだろう?」

「自分はなにやっても、上手くいかないんです・・・」

と、いろいろな思いを自分に対してもっていると思います。

その思い込みがあなたの人生を作っていますよ。

これはわかりますよね?

でも、その思い込みって、100%確かなものなのでしょうか?

どう思います??

ひょっとしたら違うかもしれませんよ。

例えば、「自分は頭が悪い」

こう思っていたとします。

でも、これって本当でしょうか?

ひょっとして、小さいとき、今となってはどうでもいいような教科でたまたま悪い点を取って、父親に「お前は頭悪いなぁ~」と言われそのまま頭が閉じてしまっているだけかもしれませんよ。

本当は頭いいかもです。

有名な小象の話知っていますよね?

像は小さいとき、鎖につないでおくと、大人になって鎖を外しても、逃げようとしないらしいです。

そう、勝手に鎖の長さの範囲でしか動こうとしないんですね。

本当はいくらでも自由に動けるのにね。

僕は、小さいとき、蟹が大嫌いでした。

なので、最近になるまで「自分は蟹は食べれない」って思いこんでいたんです。

でも、つい最近、蟹を食べる機会があって、「なんと美味いこと」って感動しちゃったんです。

そのとき思いました。

「人生もったいないことした」って。

あなたが信じていること

それって、単に間違えてそう思いこんでいる可能性があることを認識しましょう。

その思い込みを変えれば、あなたの前に全く新しい世界が現れるかもしれませんよ。

では、また明日!。