寝る前の時間の思考は金の卵

加川です。

あなたは夜寝るとき、布団に入ってからすぐに寝られる方ですか?

それとも、「ああだこうだ」「そうでもない、ああでもない」と考えちゃう方ですか?

もし、あなたが速効で寝られるタイプの人じゃないのなら要注意!

潜在意識にとっても悪い影響を与えている可能性が高いです。

寝る前にいろいろと考えるときって、どちらかと言えば、マイナスなことの方が多いのです。

夜考えることはろくでもないというか、前向きじゃないことが多いのです。

また、寝る前の考え事は潜在意識に入りやすくなります。

「あーぁ、なんで自分はこんなんだろう」
「自分ってだめだよな~」
「あいつ、絶対に許せない」
「明日、上手くいくかな~」

こんな思い(考え)をしていると、それらが持つマイナスイメージが潜在意識に刷り込まれます。

寝る前は潜在意識への道が普段より大きくなっていますから。

だから、寝る前には、できるだけ明るいことをイメージして寝るように気を付けましょう。

できれば、自分の願望が叶ったところをイメージしながら寝るのが一番いいですね。

でも、どうしても、寝る前に嫌なことを考えてしまう人は、次のおまじないを唱えてきましょう。

効果は抜群ですよ。

「今、頭に浮かんできたことは、明日考えよう!さぁ、今からは楽しい事だけ思い浮かべよう」

是非、お試しください。

寝る前の時間の思考は金の卵です。また、布団に入ってから寝るまでの睡眠に入るまでの時間はゴールデンタイムです。

大事にしましょう!

良いことを考えればそれが潜在意識に染み込んでいきます。