本当に大事なものを勘違いしていると死ぬことになるかもしれません!

さて、今日は、以前、何かの本で読んだ面白い話をしますね。

大事なものを勘違いしてると死んじゃうかもってお話です(^^)

昔、ある町に悪魔がやってきました。

そして次のように言ったそうです。

「お前らのものを全て奪ってやる。しかし、少しの情けをかけてやる。明日になるまで残して欲しい物を一つだけ決めて、紙に書くのだ。それ以外の物は全部俺様が奪い取る」

この悪魔の登場で、町は大騒ぎ!

住民はそれぞれ、「自分は貯金を残す」「自分は貴金属を残す」「私は土地を残す」「俺はこの絵を残す」

とそれぞれ好き勝手なことを言いました。

あなただったら何を残します?

やっぱりお金?

さて、一夜明けると、その町にはなんと住民が一人しか残っていなかったそうです。

何故でしょうか?

わかりますか?

そう、残して欲しい物を「命」とした人だけが残ったのですね。

他の人は、「金」「土地」「貴金属」などと紙に書いたせいで命を取られてしまったわけです。

本当に大事なことって普段忘れがちです。

水とか空気とか命とか。

普段、めちゃくちゃ凹んだときでも「まぁ、生きてるし、いっか~」って思えばいいんじゃないでしょうか?