あなたが成功に近づいているかどうかを判定する方法

加川です。

あなたは、スノーボードやスキーしますか?

僕は若い時、一時はまってました。

とにかく面白くて面白くてしょうがなかった。

青い空と、真っ白なゲレンデ。

夜は友人と飲んで騒いで!

でも、それって、滑れるようになってからのことなんです。

滑れるようになるまでははっきり言って大して面白くはなかった。

何回転んだかわかりません。

数百回は転んだかな。

でもこれ、スキーを上手に滑りたかったら仕方のないことですよね。

当たり前のことです。

でも、これをビジネスとか人生に置き換えても同じですよね?

最初からうまく行くビジネスなんてないし、人生も転んで痛い目にあってそこから学んで成長していく。

ですよね?

でもでも、ビジネスも人生も、ほとんどの方が「失敗」を嫌がります。

ほとんどの方が「リスク」をとるのを嫌がります。

これをスキーに当てはめるとどうでしょう?

転ぶという失敗を恐れていてスキーは上達するでしょうか?

転んで怪我をするかもというリスクを恐れていてスキーは上達するでしょうか?

「スキーとビジネス、人生を同じ土俵で考えるなよ」

こんなふうに考えるかもしれませんが、同じですよ。

もしあなたが何か夢や目標を持っているのならそれに向かっていく途中で何回失敗しましたか?

「もう数え切れないくらい失敗した」

こんな回答が帰って来るのなら、もう成功は近いところまで来ていますよ。

成功者は人よりも多く失敗を経験している人のことをいいますからね。