成功曲線

ブログの内容を動画で観たい方は下記からどうぞ。文字で読みたい人は、このYouTube画像の下から始まります。

あなたは「成功曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

スポーツでも仕事でも勉強でも、それに費やした時間と実際に現れてくる成果とは、ある関連性があるということです。

次のようなグラフを見たことありますか?

成功曲線

これが成功曲線と呼ばれるものです。

例えば、あなたが何か新しいビジネスを始めたとします。

始めたばかりの頃は知識も経験もないので、なかなか要領が掴めない上にコツもわかりません。

ほぼ暗中模索という感じです。

何をするにしても手探り状態で事を進めていくことになります。

当然なかなか成果は上がってきませんね。

それでも我慢して続けていると少しずつ少しずつ成果が出てきます。

しかし、自分が満足できるほどの成果は上がってきません。

最初の頃は、自分が費やした時間や労力に対して成果が正比例として出てこないんですね。

このことは、ビジネスじゃなくてもスポーツでも仕事でも勉強でも同じことです。

多くの人は自分が費やした時間や労力に対して成果が正比例として出てこないことに対して焦りや不安を感じるようになります。

そして無力感を感じて、時間と労力をそこに費やすことをやめてしまうんですね。

だいたい100人中90人は成果が出てくる前に諦めてしまうと言われています。

自分もこの90人に入るタイプです(汗)

で残りの10人は諦めることなく行動を継続し続けます。

そしてある時ブレイクするポイントが訪れます。

それがティッピングポイントと言われるものです。

そしてそのティッピングポイントを越えてからは正比例以上の上昇カーブを描きます。

どの分野でも成功者と言われる人は、このティッピングポイントを迎えるまでひたすら時間と労力をそこに投入し続けた人と言えます。

当然、日々投入した時間が長ければ長いほど、早くティッピングポイントを迎えることになります。

投入する時間が短い人はそれだけティッピングポイントを迎える時期が遠くなります。

このことから成功するコツはとても単純です。

日々投入する時間を長くするということです。

つまり朝早く起きて夜遅くまで働きなさいということですね。

成功するただ唯一のコツは大量行動これだけなんです。

スポーツでも勉強でも一緒です。

例えば理想の彼女に出会いたいと思って「お見合いクラブ」に入ったとします。

で、一週間に一人の女性と会っている人と、月に一人の女性と会ってる人では、どちらが理想の女性に早く出会えますか?

これは小学生でもわかることですね。

多くの人が成功できないのは行動量が足りないだけなんです。

1日の行動量を増やして早くティッピングポイントを迎えるか、1日の行動量を少なくしてかなりの時間を経てからティッピングポイントを迎えるか。

あなたはどちらがいいですか?

日本一堅実な潜在意識活用メール講座
あなたの夢・願望を現実にする方法を無料のメール講座でお伝えしています。 一切お金はかかりません。ご興味がある方はこちらからどうぞ!
おすすめの記事