手紙

ブログの内容を動画で観たい方は下記からどうぞ。文字で読みたい人は、このYouTube画像の下から始まります。

昨日と今日の2回に渡って「スピリチュアルな領域に手紙を書いて願望を実現させる方法」という内容でお届けしています。

昨日の記事は次のページでお読みいただくことができます。

では、始めていきますね。

実はこの方法は、私のこのメールマガジンの読者の方から教えて頂いた方法です。

確か2002年のことだったと思います。

もう18年も前のことですね!

この方法の驚異的な効果を見た私は、もっと多くの人にこの方法を知ってもらおうと、平成17年3月に、この方法を解説したセミナーを開きました。

その後セミナー参加者からはたくさんの喜びの声を頂いております。

次にその手順をまとめました。

この方法を行うにはお金は必要ありません。

紙代くらいのものでしょう。

損はしませんから、騙されたと思って是非実行してみて下さい。

手紙の書き方

手紙を書くときの注意点

・あなたの素直な感情を書く。決して格好をつけたり、虚飾したりしないこと。
・嘘を書かない自分の本心からの願望を書くこと。これはとても大事!!
・願いは具体的・正確・明確な表現で(あとで後悔する)とても大事
・現実離れしたことは書かないこと
・何かを教えて欲しいときには、どのような手段でそれを教えて欲しいのか書く
・願望は一個一個ポイントを絞ること
・手紙を書いた後で思考や行動の不一致をおこさないこと
・書いた後は任せる。精神的な安定を図る
・この方法を信じること

この方法を使う前の注意

自分の本当の願望かどうか分からないのに、手紙を書かないこと。このような場合は、先にその気持ちに整理をつけてから手紙を書く。もちろん、この問題の解決に手紙の手法を使ってもよい。

手紙の構成

手紙を書くときの注意点を守っていれば、書式は基本的には自由に書いて構いません。

参考までに、実際に私が書いた手紙の構成を説明します。

  1. 感謝の意
  2. 願い事をストレートに
  3. 願い事をしたいその背景説明
  4. 自分が行う行動・努力の内容
  5. あくまで援助を願うというスタンスの方が良い

必ずしもあなたの願いが叶うことが、あなたのためとは限らない。

高所大局から俯瞰した結果、それを実現させることが、あなたのためにならないことであれば、それは叶わない。

手紙を出す

自分が気に入った封筒に手紙を入れる。

封筒にはちゃんと宛名も書く。

宛名はなんでも構わない。

「全知全能の無意識様」でも、「集合的無意識様」でもOK。

自分がしっくりくる呼び名をつければいい。

手紙を書いた後

気持ちを集中させてから次のような文言を思う。

「この手紙に書かれてある願いを全知全能の意識が判断し、私にとってその願いが叶うことが不利益にならない限り、この願いは、適切な時期に適切な方法で叶います。私はこのことを信じて疑いません」

上記のような文章でなくてはいけないということはありません。

このようなニュアンスになっていればOKです。

手紙を出す

手紙を出すと言っても本当にポストに出すわけではありません。

自分が大切な物をしまってある場所に保管しておきます。

この方法を成功させる一番のポイントは次のロジックを意識し、この方法を実践することです。

「意識の奥底には、全宇宙をつなぐ集合的無意識があり、そこに願いの想いを届けることで自分の行動を助ける偶然の一致(シンクロニシティ)が引き起こされ、結果自分の願望が叶う」

これは筋力トレーニングを行う際に、鍛える筋肉を意識しておこなうのと、行わないのでは大きな差が出ることと似ています。

私は「ここは勝負のとき」と感じるときにこの方法を行ってきました。

なんと、全ての願い事は叶っています。

是非是非、お試しください。

今日はここまでとなります。

ありがとうございました。

日本一堅実な潜在意識活用メール講座
あなたの夢・願望を現実にする方法を無料のメール講座でお伝えしています。 一切お金はかかりません。ご興味がある方はこちらからどうぞ!
おすすめの記事