得られるものを見るか失うものを見るか

うちの近所のスーパーにトイレットペーパーが入荷しました!

ちょっと一安心です。(^o^)

さて、潜在意識を活用して夢・願望を叶える方法をお教えしていると、よく感じることがあります。

それは、人によって得られるものを見るタイプと、失うものを見るタイプに分かれるということです。

例えば、会社を辞めて自分のビジネスを始めるとします。

このとき、得られるものに思考のフォーカスがあたっている人は、自分のビジネスを始めることによって得られるお金、自由な時間、そういったものを見ています。

それに対して失うものにフォーカスが当たっている人は、借金、無職そういったものを見ています。

新しいことを始めて成功するタイプの人は、得られるものに対してフォーカスがあたっている人の方です。

しかし、失うものも客観的に見ることも必要です。これがないと大怪我をすることになりますから。

なので「得られるものを見る、失うものを見る」このバランス感覚が大事です。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

少し考えてみてください。

そして、もし新しいことを始めようとした時に、あなたが失うものを見る傾向にあるのであれば、これからそれを意図的に変えてみてください。

自分が新しいことにチャレンジする時に、自分はどちらの思考にフォーカスがあたっているのか、それを俯瞰して客観的に見るような癖をつけると良いでしょう。

この宇宙の法則には、自分の意識が向いているものが現実になるということがあります。

なので、失うものに意識が強く向いて場合、それが現実となってしまう可能性が高くなってしまいます。

何か新しいことを始める場合、まず失うものをじっくり考えピックアップして、思考を整理しておきましょう。

そして、それ以降は失うものを考えることはやめましょう。

新しく自分が手にするもの、それのみに思考のビームを向けていきます。

こうすることによって、潜在意識はあなたの夢願望を叶えるためにちゃんと働くようになります。

一度新しく手にするものに意識を向けたなら、決して失うモノに意識を向けてはいけません。

その意識のブレは潜在意識にも影響を与え、潜在意識もブレてしまいます。

軸がしっかりと通った潜在意識の使い方をしないと、自分の夢や願望が叶うスピードというのはかなり遅くなってしまいます。ここは充分に注意が必要です。

今日はここまでとなります。