成功するために必要な要素はたったの3つ

加川です。 

もう4月だというのに寒いですね。

今日は花見を予定していたのですが、どうやら天気は荒れ模様。

花見って気分じゃなくなりました。

どこかの居酒屋で花見に落ち着きそうですww 

あ、そうそう、昨日、「ボンゴ」っていう有名なおにぎり屋さんでおにぎりを食べました。

ここ、頻繁にテレビで取り上げられていたので気になっていたんです。

おにぎり大好きなので(笑)

写真アップしておきますね。東京の大塚というとこにあります。

おにぎり

頼んだのは左から「黄卵」「筋子」「鮭」です。

黄卵のおにぎりって珍しいですよね。

大塚にいく機会があれば是非行ってみてください。ただ、行列覚悟で(^^)

さて、今日は「成功」のお話です。 

自分は、起業家の方をサポートする仕事をしているので「成功したい」という想いを強く抱いている人達と日々接触しています。 

時々、「どうしたら成功すると思いますか?」って聞くことがあります。 

どんな答えが返ってくると思います? 

90%以上の人が「う~ん、まぁ、一生懸命頑張るっていうか、そんな感じですよね~」っていう感じの回答をされます。 

まぁ、確かに頑張ることは必要ですよね。

起業時にはすることが山のようにありますから。 

世の中には「成功を得るための情報」がたくさんあります。

そういった情報の中にはいろいろと小難しい理論・理屈を述べているものもあります。 

しかし、成功するために必要な要素って実は超シンプルです。

次の3つしかありません。 

  1. 成功の定義(目標を決める)
  2. 行動する
  3. 失敗しても諦めないで行動を継続する 

これだけです。

真理は単純って言いますが本当です。 

昔、読んだ本に次のようなことが書いてありました。 

京セラ創業者の稲盛和夫氏が尊敬する経営者である松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏のセミナーに参加した際に次のように質問したことがあるそうです。

「松下さんが実践している『ダム式経営』をやりたいが、どうしたらそれができますか?」

この質問に対し松下氏は次のように回答しました。

「まず、それをやろうと思わないとできないでしょうなぁ」 

この回答ってある意味深いですよね。

「やろうと思わないとできない」 

これと似た話ですが、「アメリカが人を月に送り込めたのは、1960年代のうちに月に行くという明確な目標を立てたからだ」という雑誌の記事を読んだことがあります。 

「ハワイに行こう」と決めるから「ハワイ」に行くことができるんですよね。 

成功しない人は、やると決めてもなかなか実行に移すことができません。実行しても少し大変なことがあったりちょっとした困難があるとすぐに諦めてしまいます。 

そもそも、人は、直感的に「自分には絶対に無理」と感じることは目標にはしないはずです。 

なので、それを絶対に達成すると決めて本気で取り組めば大抵のことは達成できます。 

多くの人は「これってなんか失敗するんだろうなぁ」「うまくいかないんだろうなぁ」て無意識で思いながら行動をしているので、潜在意識はそのとおりに結果を返してくれます。 

成功できるかどうかの違いは、やると決めて、心底からの本気度で最後までやり遂げるかどうかの違いなんです。 

真理は単純ですね。

では、今日はこのへんで(^^)