潜在意識を書き換える方法その2

加川です。

今日は、昨日の続きです。

昨日は「潜在意識は書き換えることができない」とお話しましたね。

昨日のお話したことの一部をもう一度ここで復習しましょう。

例えば「自分は消極的だ」という認識が潜在意識に書き込まれていて、それを書き換えようとした場合、一般的にはアファメーションが有効だと言われていますが、私は、アファメーションでは潜在意識は書き換わらないと言いました。

なぜなら、「積極的になった実際の経験に基づく記憶」がないからです。

アファメーションで「自分は積極的だ!」と唱えてみても、自分には過去に「積極的」になった記憶がない。

アファメーションと潜在意識の間に相違があります。

このような状況のままアファメーションを行っていても、違和感が積み重なるだけで、効果が出ないどころか、人によっては、自己嫌悪の念が生まれ、逆効果なケースも多々出てきます。

潜在意識は過去の経験・知識・思い込み・先入観からできています。

これらから出来上がった潜在意識に反するアファメーションをいくら唱えても効果はでないんです。

では、どうすればいいのか?

アファメーションって全く効果がないのか?

このように思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

このような場合は、小さな行動を起こし、それを現在進行系でアファメーションします。

例えば、【あなたが消極的な人間で、交流会やパーティーなどで、他人に対し、自分から話しかけることができない。いつもひとりぼっちで、寂しい思いをしてしまう。なんとか自分から話かけれるようになりたい】

このように悩んでいるとします。

このようなときは、たった一人の人間でいいので、話しかけてみてください。

その人と継続的な会話をする必要もありません。

「あっ、こんにちは!もしよかったら名刺交換してもらってもいいですか?」

これだけでも問題ありません。

あとは、ずーっと一人で誰とも話さず、ポツンとしても構いません。

で、交流会やパーティーから帰ってきてから、次のようなアファメーションを唱えましょう。

「私は少しずつ積極的な人間になりつつある」

このアファメーションは嘘ではありません。

事実です。

「あっ、こんにちは!もしよかったら名刺交換してもらってもいいですか?」

って話しかけたんです。

で、このアファメーションを、朝起きて鏡で自分の顔を見たとき、夜、歯を磨くときに鏡を見ながら、布団に入ってから、日中暇があるときに唱えてください。

そして、また、交流会などがあったら、こんどは2人に話しかけてみましょう。または、1分間だけ話してみましょう。

ようは、書き換えたい内容を改善するための行動を細分化し実行に移し、最終的な目標に向かっているという「現在進行系」のアファメーションを行うということです。

いかがでしたか?

ぜひ、試してみてくださいね。