人は1日のうち8割はネガティブな思考をしている

自分の将来に対して「不安がなくなればどんなに楽か」このように思う人は多いはずです。

健康の不安、仕事の不安、収入の不安、勉強の不安 etc…

しかし、よく考えて見ましょう。

この世の中から不安というものがなくなってしまったら、人間は努力をやめてしまい成長をしなくなってしまいます。

もちろんこの世の中の人間が全てそうではありませんが、大部分の人は不安があるから努力をし、頑張るのです。

将来に不安が無い人生はつまらない人生です。

あなたには不安がありますか?

だったら喜ばしいことです。あなたは成長の余地が充分にありますから。

自分の昔の知人に大金持ちがいました。

私が彼に「それだけ持っていたらお金の不安がなくて人生楽しいでしょう?」

と聞いたことがあります。

彼は「いいや全然、お金を持ったらこんどはそのお金を失う不安が生まれてくるんだ」

このように言っていました。

そのとき自分は思いました。

人間は不安を持つ生き物なんだなって。

アメリカで行われたある心理学の研究によると、私たちは1日に6万回もの思考を行っているそうです。

しかも、その6万回のうち約80%、45,000回は身を守るためのネガティブな思考を巡らせているそうです。

8時間の睡眠をとっているとして、起きている時間のうち、3秒に2回は身を守るためにネガティブな考えが頭をよぎっていると言うことになるわけです。

だから、不安を感じても「まぁ、自分は人間だからね。仕方ない」と考えて不安な考えはサラッと流しましょう!