「あえて傷ついてもいい」と自覚し行動をする

私は「行政書士」を本業としていて、メインとする事業として起業家を支援しています。

先週、ある女性のコンサルティングを電話でしていました。

仮にA子さんとしましょう。

A子さんから起業後の集客について質問を受けました。

私はA子さんの業態を考えて「YouTube」を勧めたのですが、A子さんは「そういうのはしたくない」とのこと。

「そういうのって?」と聞き返すと、A子さんは次のように答えました。

「YouTubeは他人からのコメントとかメッセージが来るじゃないですか、誹謗とか中傷、厳しい意見とかが入ると絶対に落ち込んで、仕事にならないと思うんです。私は傷つきやすいんです。」

このコメントを読んであなたはどう感じますか?

最近の人は「傷つきたくないから深い人付き合いはしない」という人が増えているとのニュースか何かを読んだ記憶があります。

男女交際も、交際を申し込んで断られると傷つくので、彼氏彼女はいらないという若者が多いのだとか。

まぁ人生はどのように使おうとその人の自由なので、私がとやかく言う筋合いはないのですが、傷つくことを恐れていては人生の幅が狭くなりますね。

人間だれしも「傷つく」ことが好きな人はいません。

誰だって傷つくのは嫌です。

もちろん私も嫌です。

もし、このメルマガを読んでいる人の中で

「自分は傷つくのが怖い」

という人がいたら明日から次のように思考を変えてみましょう。

「傷つくことを覚悟して行動してみよう」

自分から、「あえて傷ついてもいい」と自覚し行動をするのです。

これだけでもだいぶ違います。

傷ついたときのショックが少なくなります。

人間には環境適応能力が備わっていますので、ショックを受ける回数が増えるとだんだんと慣れてきます。

この慣れが大事です。

慣れると行動の幅が広がります。

これにより、あなたの目の前に広がる光景も変わってきます。

一回きりの人生です。

可能性の幅は広げて生きていきたいですね。