自分の山を上りきるには勇気・希望・忍耐が必要

今日は、私が最近とっても強く心をつかまれた一文をお届けします。

戸田智弘さんという方が書いた「働く理由99」という書籍の中で知ったのですが、宮本輝さんが書いた「春の夢」という書籍の中の一文です。

次に引用しますね。

俺はこんな説教めいたことを言うのは好きやないけど、ちょっと気障な遺言やと思って聞いといてくれ。

人間には、勇気はあるけど辛抱が足らんというやつがいてる。

希望だけで勇気のないやつがおる。勇気も希望もだれにも負けんくらい持ってるくせに、すぐにあきらめてしまうやつもおる。

辛抱ばっかりで人生何にも挑戦せんままに終わってしまうやつも多い。

勇気、希望、忍耐。

この三つを抱きつづけたやつだけが、自分の山を上がりきれる。

どれ一つが欠けても事は成就せんぞ。

どうですか?

とてもいい文章でしょう?

僕はこの文章が胸にグサグサ来ましたよ。

世の中には、自分の山を上がるためのツールがたくさんあります。

中には、「努力なし、簡単に、きれいに」自分の山を上がらせてくれそうに感じるツールや方法論もあります。しかし、勇気、希望、忍耐 この3つがないと結局は何もなしえないで終るの
ではないでしょうか?

もし、あなたが何かにチャレンジ中なら

勇気、希望、忍耐

この3つを胸に刻んで行動あるのみです。

では、また明日!