成功者は不安を感じるのか?

私は、年間100社以上の会社の設立をお手伝いしています。

このような仕事をしていると、起業家の方から実に様々な悩みをお聞きします。

その中で一番多いのが

「自分は本当に成功できるのだろうか?」

「用意したお金が全部なくなって、破産したらどうしよう」

というものです。

これは非常によくわかります。

また、次のような言葉もよく聞きます。

「成功する人は怖いとか、失敗したらどうしよう、とか思わないんでしょうね」

これはちょっと違います。

成功者の方も同じ人間です。

機械じゃありません。

感情を持った人間ですから、

「失敗したらどうしよう。。」

「売れなかったらどうしよう。。」

このような感情を当然のように持っています。

ただ、成功者の方は、その不安に臆することなく、果敢に立ち向かって行きます。

でも、ここで勘違いして欲しくないことがあります。

それは、成功者は、ただ闇雲に、不安に対し猪突猛進するのではないということです。

不安に向かっていくことで、自分に生じるリスクを充分に計算し、そのリスクを実際に自分に降りかかってきても、それを受け入れる腹が決まったら動くのです。

そして、一度決断したら、よっぽどのことがない限り自分の決断を曲げることはしません。

ブレないんですね。

でも、恐怖感が消えたわけではないのです。

失敗する恐怖感はいつもあります。

ただ、成功者は行動量も多いので、成功体験も増えます。

その成功体験を積み重ねることで、恐怖感は少しづつ和らいではいきます。

成功者は失敗の経験も多いということです。

恐怖感を克服するには行動を起こすしかないんです。

思考の中だけでは克服することはできません。