「自分にはできる」と考える人はどのようにチャンスをものにするか

「私にはできる」と考える人と、「私にはできない」と考える人では、人生から得られる果実に大きな差があるのは御存知でしょう。

では、何故、「私にはできる」と考える人は、人生から多くの果実を受け取ることができるのでしょうか?

「そりゃあ当たり前だよ。『私にはできる』と考える人は、そもそも自分に自信があるから、そうやって思えるんだ。自信がなければ、そんなふうには考えられないさ」と思う方も多いのではないでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

しかし、この考えだと、もともと生まれながらにして、“人より優れている人”しか、この世では果実を得ることができないという理屈になってしまいませんか?

これでは、世の中はあまりに不公平すぎます。

トムクルーズ主演で、渡辺謙さんの演技が話題になった映画、「THE LAST SAMURAI (ラストサムライ 2003年公開)」の中で、鉄砲やライフル、機関銃など、最新の武器と多くの兵隊を有する政府軍に、武器は刀と弓だけ、兵隊数もごくわずかな、勝元(渡辺謙)が率いる侍たちが向かっていくシーンがあります。

このシーンの途中でオールグレン大尉(トムクルーズ)と勝元の間に次のような会話があります。
———————————————————————-
勝元:「おまえは運命を変える事ができると思っているのか?」
オールグレン大尉:「わからない、しかし、運命が扉を開けて、それがわかるまで、自分のベストを尽くすだけだ」
———————————————————————-

どうですか?

「私にはできない」と考える人は、運命が扉を開ける前から、自分の運命を決めてしまっているのです。

扉が開くまでベストを尽くして、がんばって待っていれば、「幸運」というものを得られたにも関わらず、扉が開く前に、どこか違う場所に行ってしまうから、せっかくの幸運を受け取ることができないのです。

「私にはできる」と考える人が、心底、100%、「私にはできる」そう思っているわけではありません。

「失敗したらどうしよう」「大丈夫かな?」という思いも、少なからずもっています。

しかし。「私にはできる」と考える人は、そういった心配事に屈しない人なのです。

そして、運命が扉を開けるまでベストを尽くす人なのです。

あなたも、明日から、自分の運命が扉を開けるまでベストを尽くす人間になるように信念を変えて下さい。

きっと多くの変化を経験できるはずですよ。