なんでも決めつけない!

多くの人が自分なりの決めつけを持っています。

この決めつけの強い人と一緒にいると結構疲れます(;´д`)

特に酒の席では困った人になる確率が高いですね。

あなたは大丈夫でしょうか?

さて、我々はいろいろな「決めつけ」を基に生活してますよ。

「●○はこうだ」
「●▲はこうあるべき」
「×△■はこうだから」

だれでもこういった決めつけをもっています。

でも、この数が多いと、人生の進路の選択肢が狭くなります。

また、可能性も狭くなります。

「食わず嫌い」というのがあります。

僕も子供のとき「カニ」が大嫌いでした。

「え?もったいない」ってよく言われました。

でも、あの姿がグロテスクで「くも」を連想させて、どうにもこうにも食べることができなかったんです。

ある日、勇気を振り絞って食べましたが、「ゲー」って感じで全く美味しくなかったんです。

「こりゃー人間の食いもんじゃない」くらいの不味さでした。

それ以降、40歳近くになるまでカニを食べることはありませんでした。

しかし、40歳の時、あることで「レッドロブスター」というお店に行くことになり、カニを食べてしまったんです。

周りの人間が「うまい」「とくにこのカニ酢が最高」と言っているのを聞いていると何故か気持ちがぐらっと揺らいだんです。

特に「カニ酢」というものを生まれて初めて見て、その味に興味をもったため、内心「そ、そうか、、そんなにうまいか・・」

って気持ちが芽生えてしまったんですね。

で、食べました!

「うまーい」これは衝撃でした。

「こんな美味いもんを俺は40年近くも遠ざけていたのか」

って愕然としましたよ。

「カニは不味い」と決めつけていたため、40年近くその美味しさの恩恵に預かることができなかったのです。

もったいない。

あなたがもっている「決めつけ」

これを持ったのは何歳くらいのときでしょう?

しかし、人間の価値観は変わりますよ。

一生同じ価値観であることは珍しいのです。

無条件で「●○は△■だ」という決めつけを見直すと、新たな世界が広がるかもしれません。

自分の価値観なんて狭くてちっぽけなもの。

この自覚が大事ですね。