やる気が起きない時でも成果を出す方法

「やる気が起きない時でも成果を出す方法」です。

「さぁ、やらなきゃ・・・」と頭で思っても

「あれれ、なんかやる気が起きない・・・」

こんなことってありますよね?

やらなきゃいけないことは分かっているんだけど心の奥底の自分が

「やりたくない」と言っている。

人間は産業ロボットではないので、日々均一的に働くことはできません。

ムラがあって当然ですね。

で、こんなときどうするか?

僕がやっている方法を書きますね。

「お、いいかも」

と思ったらやってみてください。

まずキッチンタイマーを用意します。

次にタイマーを25分にセットします。

セットが終わったら心の中でつぎのようなつぶやきます。

「この25分間だけは無心でやろう。面倒だとか何も考えない。俺は25分間余計なことは考えずに動くロボットだ」

で作業にとりかかります。

この10分間は、スマホが気になってもパソコンが気になっても、メールが気になっても作業だけに集中します。

目の前の作業以外のことは一切シャットダウンです。

25分間だけ歯を食いしばり頑張ってください。

「ピピピーー」とタイマーがなったら作業中止!

途中でも中止。

5分休みましょう。

このときもキッチンタイマーを5分設定してください。

「ピピピーー」とタイマーがなったら休憩終了!

またタイマーを25分間設定してください。

これを繰り返します。

「この10分間だけは無心でやろう。面倒だとか何も考えない。俺は10分間余計なことは考えずに動くロボットだ」

この言葉をつぶやき、本当にロボットになったイメージで作業をするのがポイントです。

これがすごく効果があるんです。

感情を入れないで、25分間動くロボットなんだっておもうことが大きなコツですよ。

僕はやる気が起きない時、いつもこの方法でしのいでいます。

是非お試しあれ。