一日を気持ちよく過ごす方法

加川です。

本格的に寒くなって来ましたね。

もうすぐクリスマスです。ちょっと早いでしょうか(^^)

でも、もう年賀状は販売されているんですよ!!

今年もあと2ケ月を切りました。やり残したことないですか?

あ、そうそう、断捨離はしましょう!

今年溜め込んだ不要なものは処分しましょう。新たな気が入ってこないですから。

では、ここから今日の本題です。

さて、人は未来に楽しそうな出来事が待っていると気分までウキウキして、その日が来るまでの間、割と楽しく過ごすことができたりしますよね。

でも、逆に嫌なことが待っていると、気持ちがどよーーんとして身体までなんだか怠いような感じなったりします。

では、朝起きた時、あなたはまず何を考えますか?

心配事?

仕事のこと?

嫌いな人のこと?

お昼食べる食事のこと?

一日をハッピーに過ごすには、今日一日に期待して「きっと楽しいことがあるぞ」「きっといいことがある」と強く思って起きることです。

これ凄く大事です。

これをするかしないかで一日は大きく変わります。

「きっと楽しいことがあるぞ」「きっといいことがある」こう思って一日を始めると、脳はその出来事を無意識に探し始めます(網様体賦活系というシステムが働き出すためです)

いままでは特に何も感じなかったことにも「楽しい」「良いこと」と感じるようになりますよ。

できれば、夜寝る前に「今日楽しかったこと」「良いこと」をノートやスマホに記録する癖をつけておきましょう。

楽しいこと、良いことに敏感になることで、それらを自分に引き寄せる力が強くなっていきます。

明日の朝から早速実行してみてくださいね。