人に好かれるコツ

ブログの内容を動画で観たい方は下記からどうぞ。文字で読みたい人は、このYouTube画像の下から始まります。

幸福な人生を送る一番のコツは人に好かれることです。

今日と明日の2回に渡って、人に好かれるちょっとしたコツについてお話をしていきますね。

夢や願望を実現させてくれるきっかけは、人を介してやってきます。

人から好かれ、その縁を良好に保ち、発展させていく。

これが人生において大きな果実を得る最大の秘訣と言えます。

どんなに潜在意識のことを勉強しても、人に好かれないと、幸福で充実した人生を送ることは難しいものがあります。

人から好かれるためには色々とコツがありますが、今日はそのうちの一つをご紹介します。

それは聞き役に徹するということです。

人間というのは、自分のことに一番関心があります。

言い方は少し悪いかもしれませんが、どこかの国で大きなテロ事件が起こっても、そのことよりも、自分のダイエットのことの方に興味・関心があるものなのですね。

そして、自分の話をたくさん聞いてもらえると、とても嬉しい気持ちになり、聞いてくれてる人に対して好感を持つものです。

聞き役に徹する人が好かれるというのは、昔から変わらないようで、ギリシャの哲学者、ゼノンは「自然は我々に耳を二つと舌を一つ与えた、それはもっとよく聞いてよけいに喋らないためである」と言っています。

しかし、ただ相手の話を聞いていればいいというわけでありません。

聞き方にもコツというものがあります。

そのコツをご紹介しましょう。

★話している人の顔、または目をちゃんと見る

話を聞いている人の視線が明後日の方に向いていたら、自分の話をちゃんと聞いてくれているとは感じないですよね。

★話している人の方に体を傾けて、熱心に聞く

これは先ほどの話し手の顔を見ると同じですが、体の体勢というのも重要です。

足を組んでそっくり返ったりしていると、逆に悪い印象を与えてしまいます。

若干、相手の方に体が傾くような感じの方が好感を与えます。

★時々質問をする

ただ黙って聞いていると「この人本当にちゃんと聞いてくれているのだろうか?」と思われてしまいます。

たまにタイミングよく質問をすれば、「一生懸命聞いてくれているんだなぁ」と相手に伝わります。

タイミングのいい質問は「最高のお世辞」に値すると言います。

★相手の話の腰を折らない。別の話題を持ち出さない。

相手の話を聞いていて、どんなに自分が話したいと思う話題があっても、相手がすべて話し終わるまでその話題を変えないようにしましょう。

話の腰を折られると嫌な気分がするものです。

★質問をするとき同意をするときは相手の名前を呼んであげる

相手の話を聞いていてタイミングの良い質問をする時、または相手の話に同意してあげるときには、相手の名前を入れてあげます。

「加川さんはその時どう思ったんですか?」とか「加川さんの言うことよくわかります」こんな感じですね。

人から好かれるには、「相手の話をちゃんと聞いてあげる」

これはとっても即効性があり効果的です。

是非今日から実践してみてください。

人との関わり合いの中でしか私たちは生きていくことができません。

だから、人から好かれるスキルは磨いておくほうが人生を楽に生きていくことができます。

今日はここまでです。

ありがとうございました。

日本一堅実な潜在意識活用メール講座
あなたの夢・願望を現実にする方法を無料のメール講座でお伝えしています。 一切お金はかかりません。ご興味がある方はこちらからどうぞ!
おすすめの記事