将来の失敗を減らす秘訣

加川です。

昨日、久しぶりに近所の焼鳥屋に行ってきました。

あまりの美味さにびっくりしました。

特につくねが最高!

3年ほど前に行ったときはそれほど美味しいとは思わなかったのですが。

これからは、頻繁に行くと思います(笑)

さて、今日の話は「将来の失敗を減らす秘訣」です。

夢・願望・目標を叶える最大の要素は「潜在意識の力」+「行動」です。

しかし、その行動を阻害するのが「不安」「恐怖」です。

「失敗したらどうしよう」という気持ちですね。

この気持ちが強いと何もできなくなります。

しかし、この「不安」「恐怖」を減らす方法は一つしかありません。

それは、失敗をたくさんすることです。

アメリカのシリコンバレーでよく使われる言葉に次のような言葉があります。

「Fail fast,fail forward」(失敗から学べば、将来の失敗が少なるなる)

失敗してはいけないと思うからいけないのです。

失敗しない人間はいませんから。

誰でも失敗はするのです。

メジャーリーグで活躍したイチローもバッターボックスに10回立つと、ヒットを打てる確率は3.3回程度。

6.7回はヒットが打てない。つまり失敗するわけです。

でも、これが「凡打するのが怖いから」といってバッターボックスに立つ回数を減らしたらどうなったでしょうか?

あの偉大なバッターであるイチローは誕生しないですね。

「失敗してもいいじゃないか、そこから何かを学ぼう」

こんな気持ちで行動を起こすと気持ちが楽になりますよ。

我々日本人は「減点主義」で学校教育を受けているので、失敗を極端に怖がるんですね。

「加点主義」でいきましょう!