小さな親切の言葉や、思いやりの言葉の積み重ねがあなたを幸せにする

先日、3年前に私が行ったインターネットビジネスセミナーに参加された方からからメールを頂きました。

大変失礼なのですが、私はこの方のことは、全く記憶にありませんでした。

しかし、このメールから大きな気付が得られましたので、今日は、このことについて書いてみますね。

まず、その方がくれたメールの中の一部を抜粋して掲載します。

なお、名前の部分は隠しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご無沙汰しております。

3年前に加川さんが開催したセミナーに出席させていただき、懇親会にも参加させていただいた●●です。

おそらく、私のことは加川さんの記憶にはないと思います。

本日は加川さんにお礼を言いたくてメールを書かせていただいています。

※中略

セミナーの最後の方の質疑応答の時間に、私が作ったホームページのトップページに対する意見を聞いたとき、加川さんがアドバイスを授けてくれた後に、真剣な顔で次のように言われました。「でも、あなたの文章はセンスがあるからきっとうまくいきますよ」

※中略

私はこの3年間、何回もくじけそうになりましたが、加川さんが言ってくれた「でも、あなたの文章はセンスがあるからきっとうまくいきますよ」という言葉を信念に変えて頑張ってきました。

お陰で事業もやっと軌道に乗りました。あの言葉がなかったら私はとっくの昔に商売を断念していたと思います。

本当にありがとうございました。

※まだ続きますがここまでとします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はこのメールを読んだとき、なんだか不思議な気持ちになりました。

私はこの方のことをまったく覚えていませんでした。

しかし、彼女は、私が言った言葉を覚えていて、その言葉を頼りに頑張ってきたと言うのです。

私がお酒を飲んで友人と楽しく遊んでいるとき、疲れて寝ているとき、遠く離れている場所で、彼女は、商売がうまく行かず、辛い思いをしていたときがあったかもしれません。

しかし、そんなとき、昔、私が言った言葉が彼女を勇気付けていた。

私が発した言葉が独り歩きして、彼女を励ましていた。

このことを考えると私はとても不思議な気分になってしまうのです。

と、同時になにげない言葉が人の人生を左右してしまう怖さも感じます。

あなたも、何気ない一言で人間関係がギクシャクしたり、事が思わぬ方向へ流れて行って困ったことはないですか?

また、他人の何気ない一言で大きく傷ついたり、勇気付けられたことはないですか?

どうでしょうか?

おそらく多くの方がこのような経験を持っていると思います。

なにげない言葉って大きな力を持っているんですね。

そこで提案です。

今日から、他人に投げかける言葉の中に、意識的に、「思いやりのある言葉」「優しい言葉」を入れてみませんか?

そして、それを毎日の習慣としてみませんか?

最初はなかなかできないでしょう。

しかし、少し努力をして頑張ってみませんか?

一年続けてみて下さい。

その行為は、「原因と結果の法則」により、必ずあなたの元に返ってきます。

その結果、あなたの環境は、今以上に素晴らしいものになっているでしょう。

また、あなた自身が、今以上に、優しく、思いやりのある人間になっているはずです。

なぜなら、日々発する、そういった言葉が、あなたの潜在意識に刻み込まれ、潜在意識が、あなたをそういう人間に変えていくからです。

普段何気なく使う言葉、しかし、何気なく使うものだからこそ、大事にしないと、おざなりになってしまいがちです。

特に自分は悪いとは思わないのに、なぜか人が離れていく、また、人と衝突することが多い、よく誤解される。

このようなことがある人は、あなたが何気なく使う言葉に問題があるのかもしれませんよ。

何気ない一言。

お互いに気をつけて使うように心がけましょう。