自分が本当にしたい仕事がわからないという人へ

「自分が本当にしたい仕事がわからない」

このような悩みを抱えた人からの相談が非常に多いです。

あなたはどうですか?

こういった方達の具体的な相談内容は次のようなものです。

「今の仕事に一生懸命になれない。自分が本当にしたいことがわかれば一生懸命になれるのに」

「今の仕事は仕方なくやっているんです、だから日々虚しくて・・・」

すごくよくわかります。

僕自身も「自分が本当にしたい仕事が分からない」と悩んでいた時がありましたから。

で、このことについて結構時間をかけて考えていた時期があります。

でも、答えは出ませんでした。

結論は「今目の前にある仕事を一生懸命にする」これでした。

自分が本当にしたい仕事なんて見つからないのが普通なんです。

考えてみてください。

世の中にはいったい幾つの仕事があるのでしょう?

1万職種? 2万職種?

一般の人が知っている職種の数なんてごく僅かなものだと思います。

その僅かな数の中から自分に合う仕事を見つけなくてはいけない。

これって結構無理がありますよね?

本当に自分がしたいと思える仕事を見つけたいなら、この世の中にある全ての仕事について知る必要があります。

しかし、これは不可能です。

また、仮に世の中すべての仕事を知ることができたとします。

その結果、A、Bという仕事こそが自分がしたい仕事であると感じたとしましょう。

で、実際にその仕事をやってみたら、自分が思っていたのと違うかもしれないのです。

こう考えると、自分が本当にしたい仕事を探すのは不可能ということになります。

「今、自分がやっている仕事が最高!」

こう思っていても、世の中にある全ての仕事を知り、経験し、その結果導き出されたものではないのです。

なので、「今、自分がやっている仕事が最高!」という表現は間違いで、正確には「今まで巡り会ってきた仕事の中ではこの仕事が最高!」

となります。

だから「自分が本当にしたい仕事がわからない」と悩むのはやめましょう。

時間の無駄です。

「おかれた場所で咲きなさい」ではありませんが、自分が置かれた環境の中で一生懸命努力する人に宇宙は味方する
ようです。

では、また明日!