幸せになりたければ、自分の信念に柔軟性を持たす

今日は、「幸せになりたければ自分の信念に柔軟性を持たす」です。

「焼きそばは醤油味でなければいけない」
「女性は料理が上手が上手くなければいけない」
「男は強引さがないといけない」

などなど、あなたの頭の中には

「●●は××じゃなきゃいけない」

という信念があると思います。

どうでもいいものから、人生の指針と言えるものまで結構な数があると思います。

しかし、この信念は、時にあなたの人生を不幸にすることがあります。

私の知り合いに

「男性は一流大学を卒業していなくてはいけない」

という信念を持っている人がいます。

「なぜ、そう思うのか?」

と聞いたら、

一流大学を卒業している方が

「いい会社に入れるからお給料も高くなる」
「良い縁談に恵まれる」
「出生も早い」

からということです。

確かにそういったことも言えるかもしれませんが、一流大学を卒業しているからといって必ず一流企業に就職できるとは限りませんし、条件のいい相手と結婚できるとは限りません。

出世できない人も多いです。

世の中の価値観、状況は刻々と移り変わっていっています。

今の時代

「高学歴=出世が早い」

ということはありません。

世の中は変化をしているのに、あなたの信念が変化をしないのであれば世の中と「乖離」が生じてしまいます。

その乖離が、不幸やトラブルを招く原因になることが多いのです。

「自分のことをわかってくれないのならそれでもいい」

「自分は自分だから」

なんて言ってると

世の中や、大事な人との乖離幅が大きくなり

「こんなはずじゃ・・・」

となります。

体も固いと病気やケガをしやすくなります。

信念も同じです。

状況の移り変わりが早い今「ニュートラルな考え」を持つことが本当に重要です。