変えられるものにエネルギーを注ぐようにしよう!!

私に相談してくる多くの方が、自分の力では変えることができないもの、または変えるのが大変なことで悩んでいます。

例えば具体的にざっーと、あげてみると・・・

●他人の言動
上司、友人、知人、両親、兄弟、ご近所さんなどの言動

●過去の出来事
恥ずかしい思い出、失敗した記憶、思い出したくもない記憶

●世の中の仕組み
一般的な会社の仕組み、行政の仕組み

アバウトですが、パッと思いついたものでこんなところでしょうか。

ここにあげたようなものに、悩んだり、気をもんだりしても、そこに使うエネルギーは、むなしく、どこかに消えていくことになるだけです。

何故なら、先ほども言ったように、ここにあげたもののほとんどは、自分の力ですぐには変わらないもの、または変えられないものばかりだからです。

人生は思うほど、長くはありません。

時間は限られています。

成功するためのノウハウの一つに「選択と集中」という言葉があります。

自分が持っているエネルギーを、「注ぐモノ」を絞らないと、本当に自分が望んでいるものは、手にすることがなかなかできないのです。

まずは自分の力で変えられるものにエネルギーを注ぐべきです。

じゃあ、自分で変えられるモノって何?と思いますよね?

それは、自分の行動と考え方です。

たとえばあなたが会社の上司のことで悩んでいるとしましょう。

あなたはその上司の、顔、仕草、声、命令の仕方、仕事の運び方、すべてが嫌いで、その上司のことを思い出すだけでも、会社に行きたくなくなるような状態だったとします。

そんな上司のために、鬱々とした、日々を送る。

「なんでそういう命令の仕方しかできないんだろう?」
「なんでそういう態度で自分に接するのだろう?」
「早くあの上司、人事異動で動かないかなぁ」

日々、こんなようなこを考える。

こういった人は結構多くいると思います。

でもこういった考え方って、すごく、時間とエネルギーの無駄だとは思いませんか?

だって、心のなかで、いくらクヨクヨと考えたって、上司がいい人に変わってくれる確率はほぼゼロパーセントでしょう?

あなたの貴重な時間がもったいないです。

だって、嫌いな人のためにあなたは貴重な時間を割いてるんですから!

こういったときは、自分が変わってしまえばいいのです。

その上司を受け入れる考え方に変えればいいのです。

しかし、思考と感情は別ですから、思考を変えても感情はそう簡単には変りません。

なので、その上司のことを好きにはなれないでしょう。

しかし、別に好きになれなくてもいいじゃありませんか。

親友になる必要はないでしょう?

その会社をやめろとも言いません。

あなたがほんの少し変わるだけで良いのです。

ヨーク考えてみてください。

この世の中はあなたを中心に回っているわけではありません。

なので、あなたにとって、気に食わない出来事は日々おこりますし、気に食わない人間とも接していかなくてはいけません。

だったら、自分に降りかかってくる状況や、接しなくてはいけない人間に対して、正面きって向かうのではなく、かわすのです。

かわす=自分を変えるです。

「こういう人間もいる。いろんな人間がいて世の中バランスがとれてる」

「この人も人間だ、どっかにはいいとこがあるだろう。好きになるつもりはないけど、会社にいるときは、この人の良い所だけを探して、そこだけを見ることにしよう」

こんなように思考を変えます。

思考を無理やり変えたら、

次は行動を変えます。

この嫌な上司のことを好きなふりをするのです。

あくまでフリでOKです。

不思議なことにこのフリを継続していくと、感情が後追いでついてきます。

しばらくすると、以前ほど上司のことが嫌いではなくなっています。

こうなると、不思議なもので、上司もあなたに対しては変ってきます。

これはもう本当に不思議です。

もし、嫌いな上司(人)がいる人は、この方法絶対にやってみてください。

その効果にビックリすると思います。

「急がば回れ」ではありませんが、変らないものを変えようとして、エネルギーを使うよりも、自分が変った方がいろいろな面でプラスになることのほうが多いのです。

周りの環境も変りますし、あなた自身も懐が深い、コクのある人間になっていきます。

もう一度書きますね。いいですか?

自分が変えられないものにエネルギーを使うのは時間の無駄です。

とくに人は変えられません。

人に対して変わってほしいと思う気持ちがあるから疲れたり、嫌になってしまったりするわけです。

変わってほしいと思うのではなく、その人を受け入れて、自分が変わるように努力をすることにおいて、すべてがうまくいくようになります。

では、今日はココまでです!