確信をもって眠りにつく

夢願望叶える時に大事な要素のひとつについて今日はお話をします。

それは確信をもって眠りにつくということです。

何の革新か、 それは自分の夢や願望が必ず実現するという確信です。

なぜ確信が大事なのかそれについて説明をしますね。

確信をするということは、自分の思考の中でその状態が現実になるということを確定させるということになります。

自分の思考が確定すると、それをこの世に具現化するため、宇宙の大法則は動き出します。

この大法則って何かと言うと、自分の思考は現実になるというものです。

なぜ思考は現実になるのでしょうか?

この宇宙には無限の宇宙があり、そしてあなたにもあなただけの宇宙があります。

その宇宙の中で繰り広げられるあらゆる出来事、まぁ簡単に言えば人生ドラマですね。

あなたの人生ドラマはあなたが作り上げています。

あなたが脚本を書いて、あなたが演出をして人生というドラマを経験しているわけです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、まあ、そういったものかと考えておいてください。

あなたにも経験はないでしょうか?

「あ、これは絶対に合格できるな」

「この子は付き合えるな」

「これは失敗するな」

「これはうまくいっているな」

このような確信を持ったことがきっとあると思います。

その根拠はよくわからないけれども、何となく確信めいたものを感じるということは誰にでもあると思います。

無理やり自分の気持ちを押し込めて、捻じ曲げて確信を持たせたわけではなく、自然に確信めいたものを感じたときには、必ずと言っていいほどそれは現実になります。

なぜかというと、自然に確信した時には、その核心の後、そこに疑いを挟む思考が発生することがほとんどなくなってしまうからです。

前回も書きましたが、夢・願望が叶わないのは、それを疑う気持ちが芽生えてしまうからです。

自分の思考が現実になるわけですから、疑う気持ちというのも現実になってしまいます。

その比率や強さによって何がどのように現実になるかは変わってきますが、とにかく自然に確信したものはその後の疑いの思考に邪魔されず、宇宙の法則によって現実になってくるわけです。

しかし、自然に確信を確信を持てるということは少ないでしょう。

なので、この確信のパワーを生かすために、就寝する直前に自分の夢・願望が必ず叶うという確信を持ってそのまま寝てしまうのです。

寝る直前の思考は、潜在意識にストンと落ちますので、そのエネルギーはかなり強いものになります。

結果、自分の夢願望が叶いやすくなってくるわけです。

当然ですが、次の日「やっぱりこれ叶うのかなぁ」などと考えてはいけませんよ。

叶うのが当たり前かのように淡々と行動をして淡々と過ごすのが大きな大きなコツになります。

本日は以上となります。

ありがとうございました