今の自分は過去の自分の生産物

今をおろそかにすると未来はないかも?

私は今、パソコンとインターネットがあるおかげで暮らしていけます。

私の収入の95%はインターネットからもたらされます。

行政書士の仕事も、コーチング・コンサルティングの仕事もです。

このようなことを他人に言うと、「加川さんは昔からパソコンが好きだったんだ?」と言われます。

答えは「NO」です。

私はパソコンや機械系はまったくだめな人間でした。

今でも好きではありません。

仕事に必要だから仕方なく使っているという感じです。

インターネットも別に好きではありません。

しかし、私はパソコンとインターネットがあるおかげで日々食事をして、家を買って暮らしていけてるわけです。

このことをじっくりと考えてみると、なんだか不思議な感じがします。

私は独立する前、サラリーマンとして最後にやった仕事が、情報システム部の社員として社内LAN等の保守や管理でした。

私はこの部署に行くことが決まったとき、「あーぁ、毎日コンピュータと向き合う仕事かぁ~、嫌だな~」と思いました。

なにせ、ワープロも満足に使えませんでしたから。

めちゃくちゃ憂鬱でした。

しかし、そんなある日、書店でふと目にした本に「日々の一瞬を一生懸命生きるものは幸運を得る」このような言葉が書いてありました。

何か心に響くものがあった私は「情報システム部」の社員としてとにかく一生賢明に仕事に取り組んでみようと思いました。

このことが私の人生に大きな幸運をもたらしました。

日々の一瞬を一生懸命生きるものは幸運を得る

先ほども言ったように、現在の私は、パソコンとインターネットのおかげで存在しているようなものです。

しかし、これは、情報システム部時代にパソコンとインターネットに真面目に取り組んだおかげです。

これがパソコンやインターネットが嫌いだから苦手だからということで真面目に取り組んでいなかった、ら今の私はないと断言できます。

「日々の一瞬を一生懸命生きるものは幸運を得る」

この言葉は本当だったんです。

でも、これって当たり前ですよね?

今の自分は過去の瞬間、瞬間の積み重ねですから。

今の自分は過去の自分の生産物っていうことです。

人生の瞬間、瞬間を適当に積み重ねていたら、適当な自分が出来上がるわけです。

「自分なんか・・・」

このように言う人は「自分なんか」っていう生き方を積み重ねてきたんですよね。

明日から、未来の自分のために瞬間瞬間を大切に積み上げていく考え方にしてみませんか?