自分の過去・現在・未来に責任を持つと決める

人は往々にして、自分の現状をまわりのせいにします。

親が悪い、上司が悪い、友人が悪い、会社が悪い etc…

今、自分の周りにおきている現象は自分のせいではなく、自分以外のせいであると思いたがります。

あなたが幸福になりたかったらまず、この考えをやめることです。

あなたが見るものは、あなたの内面の現れです。

「自分がおかれている環境はなんてひどい状況なんだろう」

このように思うのであれば、あなたの内面がひどい状況になっているということです。

今の状況を批判するということは、過去の自分の内面を批判していることになります。

これでは負へのスパイラルが切れることはなくなりますよね?

鳴門の渦潮に巻き込まれているようです。

この負のスパイラルを断ち切るためには「私は自分の過去、現在、未来に対して責任を持つ」と深く認識して決断することです。

ここから全てがはじまります。

自分の決断に責任を持つと決めることで自分自身を見つめることができる

先ほども書いたように、普段、私たちは何か事があるとすぐ他人のせいにする習慣がついています。

「なんで、おまえは●●なんだよ~ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!」

こういう癖がついてしまっています。

他人に責任をなすりつけ、自分におこる現象をまわりのせいにする思考癖を変えない限り、似たような状況が繰り返されるだけです。

自分の思考に全責任を持つことで、自分が自分の目の前に現れる「環境を選び取っているのだ」という実感をもつことができるようになります。

ここは大切ですからもう一度書きます。

自分の思考に全責任を持つことで、自分が自分の目の前に現れる環境を選び取っているのだという実感をもつことができるようになります。

この実感を持つことが出来るようになれば人生の質は大きく向上します。

「自分の人生は自分が操縦しているのだ」このような気持ちを持つことができるようになるからです。

今日から、「自分の思考とその結果には全責任を負う」こう決めましょう。

そして、自分にふりかかってくる出来事をよーく観察し、「この現象は自分のどのような思考が引き起こしたのだろうか?」と考える癖を持ちましょう。

そうすれば人生は選択の連続、点の集まりが線になり人生が出来上がっているということが実感できるはずです。

このようなことがわかればあなたは自分の人生の主になれるはずです。