依存心を捨てるとうまくいく

大人になれば多くの人は、「私は誰にも依存しないで生きているつもりだけど」と思っているかもしれません。

しかし、実際は多くの人は誰か(何か)に依存して生きてるのが本当のところです。

友人・知人・兄弟・両親・上司・部下・会社・ビジネスパートナーなどなどです。

強い依存心は自分の成長を止めてしまいます。

そして、思考から生まれた行動の結果を他人(会社など)のせいにしてしまいます。

こうなると人生はうまくいきません。

収入や健康、生活面でも苦労するようになります。

しかし、自分の周りでおこること、自分の身に降りかかってくることは、全て自分が引き起こしているという「絶対法則」を強く認識していれば、人生はうまく回り始めます。

「自分の人生の創造主は自分である」

このことを強く認識することが大きなポイントです。

このような思考態度を身につければ、自分が欲するものに対する思考のエネルギーは強くなりますから、万物を創造する宇宙の叡智への働きかけも強力になってくるのです。

依存心が強い人は自然と愚痴・不平・不満が多くなってきます。

愚痴・不平・不満が多い人は、自分の人生は自分が創造している、自分のいる環境の結果責任は自分が「全部責任を負う」という意識をもって生きていないので、周りでおこることは全部自分以外のもののせいにしてしまいがちです。

このことが愚痴・不平・不満が多い人は人生上手くいかないと言われるゆえんです。

さて、もし、あなたが自分の環境を自分以外のもののせいにしてしまうような思考の癖を持っていたら、今日からその思考を変えてみましょう。

一気にはできないかもしれません。

徐々にでいいんです。

何か良くないことがおこったら、

「あぁ~このようなことを引き起こすような思考や行動を知らないうちにしていたんだろうな~」

このように思うようにするといいと思います。

そうすることであなたの人生はいつの間にか今以上に良くなっていくはずです。