これを忘れてはだめ。夢や願望を叶えるための超基礎知識

東京の銀座にコリドー街という場所があります。

飲食店が連なる場所なんですが、そこにいつも多くの行列ができているお寿司屋さんがあります。

『美登利寿司』というお店なんですけど、ここは日によっては行列のほとんどが「外国人の方」ということも多くあります。

以前からすごく気になっていたんですが、なかなか行く機会がなかったんです。

しかし、やっと行くことができました。

取引先の社長さんが打ち合わせが終わったあと「加川さん、この後寿司食いに行きましょうコリドー街にある美登利寿司って知ってます?」って誘ってくれたんです。

ということで美登利寿司さんでお寿司を食べることができました。

「美味しかったぁ~」

おっと、このままではお寿司を食べた自慢話になってしまいますね。

本題に入りましょう!

今日のお話は「これを忘れてはだめ。夢や願望を叶えるための超基礎知識」ということでお届けしますね。

世の中には、夢や願望を叶える方法がたくさん存在しています。

身近なところで言えば、「家の近くの神社で手を合わせて願い事をする」これも夢を叶える方法や願望叶える方法の一つと言えるでしょう。

最近、本屋に行くと、このジャンルの本が増えたように感じますし、ネット上でもそういった情報を扱ったブログも凄い数ありますね。

世の中にはこんなにも夢・願望を叶えるノウハウが氾濫しているのに、実際にこれらのノウハウを使って夢・願望を叶えたという人は多くないような気がします。

実際には、色々な方法を試してみたけれども「夢も叶わない」「願望も叶わない」という人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

私のもとに数多く寄せられる相談メールのほとんどが次のようなものです。

「●●という方法をやってみたけど状況は全く変らない」

「●●円もするセミナーに参加し教材も買って勉強したけど全然効果がない」

世の中に溢れる夢・願望達成方法を実践してもなんら状況が変わらないのは、次の2つを強く強く認識していないからです。

1.自分の周りの状況は自分の思考が作り出している

2.似た者同士は引かれ合う

こう書くと、「いやいや、これは知ってますよ」

という声が多く聞こえてきそうですが、もう一度この2つのことを深く考えてみてください。

つい先日も書きましたが、アメリカの思想家であるエマーソン は次のように言いました。

「人間は その人が毎日考えるものそのものである。」

本屋に行って、夢や願望を叶える方法を書いた本を買ってきて、そこに書いてあることを実践したとしても、1日の大部分が「ネガティブな考え」「悲観的な思考」を巡らせていたのでは夢や願望は実現することはありません。

夢や願望を叶えるためには、自分の思考の管理人になる必要があります。

思考は無意識に流れていきますので、これらを意識的に監視するということが必要になるのです。

自分の思考を意識的、第三者的視点で監視し修正していくということです。

思考全体の40%が夢・願望を叶える方法を実践する内容で占められていても、60%がマイナス的な思考で占められていればその思考がいずれ現実化してきます。

なので、何をさておいても「自分の思考の管理人になる」これが一番重要です!

次に2つ目。

「似た者同士は引かれ合う」

これは宇宙の絶対法則です。

これは人間同士もそうですが、自分自身の思考にも同じことが言えますよ。

例えばあなたが、暗い考えを持つ人なら、あなたの周りには暗い現象が起こるようになります。

逆にいつも明るく楽しい考えを巡らしていればあなたの周りには楽しい現象が多くなります。

あなたの思考内容引き寄せられた現実世界が、今のあなたの目の前に繰り広げられているんです。

楽しく、豊かで、充実した人生を歩みたいのなら、楽しく、豊かで充実した思考をするように心がけましょう。

「いやいや、自分の状況を考えると、とてもそんな楽しくて豊かな考えなんかできないよ」

このように思う人もいるからもしれません。

しかし、無理やりにでもそういう方向に思考を曲げるんです。

最初から「無理」と言っていていないで変えるんです。

最初は上手くできないでしょう。

でもそれって普通ですよね?

なんでも最初からうまくできる人なんていませんよ。

最初はぎこちなくても必死にやっているうちにできるようになりますから。

腹をくくりましょう!!

「何があってもいつも明るく、楽しい気分でいる」って決断しましょう。

決断することで宇宙の法則はそれに感応してあなたの未来を変えるべく動き出しますよ。

では今日はこのへんで。