お金持ちになりたい人は必読! 「アファメーションは、過去形で」これって本当??

アファメーションってやってますか??

潜在意識を書き換えるための手法として定着している「アファメーション」

このアファメーションをするときの特徴として、自分が望む状況がすでに叶ったとして作成します。

例えば「私はお金持ちです」とか「私は積極的な人間です」

分かりやすく書くとこんな感じです。

どうですか?

違和感ないですか?

私は「超」が10回くらいつくほど違和感あります!

「私はお金持ちです」というアファメーションではお金持ちにはなれない

自分の知人に「どうしてもお金持ちになりたい」という男がいました。

彼は、サラリーマンではお金持ちにはなれないからと言って、20年近く務めた会社を退職しました。

家庭もありました。小さい子供も2人いたので、私は「もうちょっとゆっくり考えれば?」とアドバイスをしたのですが、「こういうのは勢いが大事だから」と言って会社を辞めて、自分の会社を設立しました。

その後、彼は「私はお金持ちです」というアファメーションを一生懸命にやってました。

スマホの待受画面にもその文字が出るようにし、トイレとか玄関にその言葉を書いた紙を貼っていました。

子供からは「友達が来たら恥ずかしいから、その紙を剥がして!!」と言われたとか。

でも、それを剥がすことなく、頑張ってました。

結局、彼はどうなったか?

今は、日雇いバイトやってます。

日給8000円だそう(泣!)

家族も養えないので、奥さんもパートではなく契約社員として働いてます。

今のとこ、結局お金持ちにはなれませんでした。

彼がお金持ちになれなかった理由はいろいろあるでしょうけど、ここでは、「私はお金持ちです」というアファメーションについてお話をします。

「選択しました」という言葉が大事!

そもそもお金持ち出ない人が「私はお金持ちです」と言ったところで、潜在意識の方では「へ?何言ってんの全然お金持ちじゃないし」ってなるでしょう?

顕在意識でも「なんだか自分はバカっぽいことやってんなぁ~」って思うかもしれません。

こんなアファメーションやってて効果があるわけないじゃないですか!!

で、もっとひどいのは、アファメーションに付随して、アファメーションで唱えることは「願望はすでに実現したかのうに振る舞い行動しなさい」というもの。

このように書いてる本とかブログってすごく多いんですが、これもケースバイケースです。

今回の「お金持ち」の件に関しては無理があります。

「ポルシェに乗る」

「高級レストランで食事をする」

「タワーマンションに住む」

「高級ブランドの洋服や装飾品を身につける」

お金持ちのように振る舞い行動するにはその原資が必要です。

なので、お金持ちのように振る舞い行動できない。

貯金が2万円の人は、高級外車を買うことはできません。

高級ブランドの洋服を着て、最高級のフレンチレストランにも行けません。

「え?でも、お金持ちでもそういった贅沢な暮らしをしない人もいるよ」という意見もあるでしょう。

でも、そういった贅沢な暮らしをしないお金持ちの行動や振る舞い、思考は貧乏な人には想像の域をでないんです。

お金持ちになったことがないから。

だから、余計にできない。

実感できない。

だから的外れの行動・振る舞い・思考になる。

じゃあ、どうすればいいのか?

お金持ちになりたいのなら、次のようにアファメーションをしてください。

「私は、年収●●万円以上になることを選択しました」

まず、お金持ちの概念が曖昧です。

年収が80万円くらいの人から見れば、年収1000万円の人はかなりのお金持ちになります。

しかし、年収1億の人からするとお金持ちにはなりません。

ちゃんと、自分がいくら欲しいのかを明確にしましょう。

で、次に「選択しました」この言葉が重要です。

これであれば、今は貧乏でも嘘ではないからですね。

選択した、つまり「決意」したことで、量子の世界では物事が動き始めます。

どうしても自分が決めた年収を達成したいなら一度決めた金額を変更しないようにしましょう!

今回はその理由を詳しくは書きませんが変更するとまた0からの出発になるからです。

いかがだったでしょうか?

是非、お試しください。

読んでいただいてありがとうございました。