未来は極力心配しない

あなたは心配性ですか?

「こうなったらどうしよう」

「あぁなったらどうしよう」

未来に対して心配ばかりしてる人っていますよね。

しかし未来を心配することには何の意味もありません。

というか、かえってマイナスなことばかりなんです。

未来のことを心配するということは、そのことに対してすでにエネルギーを使ってしまっています。

心配するエネルギーって結構大きいので、心配性の人はいつも疲れている感じの人が多いのもうなずけます。

未来のことににエネルギーを使ってしまって、今使うエネルギーが減ってしまうというのはとてももったいないことだと思いませんか?

未来のことは誰にもわかりません。

たまに「未来のことは全部わかる」という人がいます。

なら宝くじも当たるし、競馬も当たる。震災に会うこともない、病気の発見が遅くなり治療が手遅れになることもない。

完璧な人生が送れます。

しかし、実際はそんな人はいないわけで。
(本人はわかると言い張りますが・・・)

英語のことわざで英語の諺に

「橋に着くまで橋を渡るな」というものがあります。

この意味は、将来、問題が実際に目の前に来るまでは「悩んだり心配するな」という意味です。

また、アメリカの大学の調査結果で、心配事の8割は起こらないそして残り20%のうち16%は準備をしていれば避けられるもの。

結局のところ起こりうるのは4%のみという調査結果もあります。

心配事があればそれはそれで認めましょう。

で、実際にそれが現実になったときのことを考え対策をとっておきましょう。

そしたらもうおしまい。

心配するのはやめます。

今にエネルギーを注ぎましょう!!

未来は今の行動が点になり繋がった先にありますよ。

今を一生懸命に生きていれば、未来は明るい可能性が高いんです。

幸運は明るい思考・気持ちに引き寄せられてきますよ!

では、今日はこのへんで(^-^)