長期の目標は見るな!目の前だけを見よう!

今日のテーマを見て、「え!?なんで??」と思った人も多いでしょう!

目標というものは、長期目標と中期目標、そして短気目標を立てなさいと、一般的には言われます。

確かに、夢の実現・目標の達成には、長期・中期・短期の目標が必要です。

しかし、普通の人は、このような計画の立て方では挫折してしまうのです。

なぜなら、凡人の場合は何をするにも、ゆっくりとしか進化向上していかないからです。

例えば、起業をして経営者としての成功を夢見る。

しかし、現状は貯金すら満足に無い状態。

「よし、貯金を始めよう。目標は300万円。えーと、今、貯金が50万円だから、あと250万か・・。月々5万円貯めたとして、4年後には300万円貯まるな、よしやるぞー」

しかし、ある日ふと思います。

「300万円貯まるまで、あと3年か・・・。長いよなぁ~。成功を手にするまではまだまだ道は長いぞ~、商品の販売方法や、従業員の雇用、人脈の開拓、いろんなことを考えておかないといけないな、やることはいっぱいあるぞ、それにしても、毎月5万円を貯金するのは一人暮らしではきついな。あと3年こんなに質素な生活をして、起業が上手く行かなかったら、なんだかバカみたいだ」

そしてある日、友人からスキーに誘われます。

「あと2年6ヶ月もこんな生活はできない。たまにスキーに行くくらいはいいだろう」

これが運のつき。

質素生活は雪崩のごとく崩れ去り、毎月の貯金も4万円、3万円、2万円と減る一方。

「これじゃあ、いったいいつになったら俺は起業できるんだ、やっぱり俺には無理か・・」

あえなく挫折。。

こんなパターンの人を私は多く知っています。

こういったことを防ぐには、目の前のことだけを一個一個かたずけていくような考えに変えてしまうことです。

例えば・・

私は学生時代、長距離走が得意でした。

そのために、駅伝大会や、マラソン大会に選手として引っ張り出されていました。

しかし、長距離走が得意といっても、専門ではないので、走っているときは苦しいわけです。

そんなとき私は、「前を見るから辛くなる、足元を見て走ってみよう」と考えました。

交互に繰り出される自分の足先だけを見て走っていました。

なんだか、楽になったような気がしましたが、良く考えればとても危険なことに気がつき((^_^;))、こんどは、「あそこのタバコやまでは頑張ろう」それが過ぎれば、今度は、「あそこのスーパーまでは頑張ろう」このようにして走っていました。

こうすることで、不思議と頑張れました。

だから、月々5万円貯めるなら、私であれば、毎日「1670円」を貯めることに専念します。

ひたすら毎日「1660円」を貯金箱に貯めていくという方法です。

1670円×30日=50100円

50100円×12ヶ月=601200円

601200円×4年=2404800円

「起業家として成功する」という目標は一旦忘れるというか、心の中にしまいこんでしまいます。

そして、日々の目標のみを達成すべく頑張ります。

どんなに大きなことも細かく砕いていけば、ほんの些細なことから成り立っているのです。

その些細な所だけを見て、それをつぶすことに全霊を傾けていけば、凡人でも大きなことを達成できるのではないでしょうか?

イチローさんの次の言葉はあまりにも有名ですね。

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」

メジャーリーグのマリナーズで活躍するイチローは、学校から帰ってきたら、毎日、バッティングセンンターに通った小学生時代があるから、今があるのです。

あなたもバッティングセンターに行くことから始めましょう。

いや、バットを買うところから始めましょう。