人生に求めるのもを明確に要求する

今日は「人生に求めるのもを明確に要求する」です。

私たちは、普段なんとなく生きている人の方が多いですよね。

なんとなく、学校に行き、なんとなく就職し、なんとなく歳を重ねていく。

まぁ、ポイントポイントでは、なんとなくではなく、必死になることもあります。

例えば、結婚するとき、就職活動するとき、重い病気になった時。

事故にあった時、家族に病人が出たときなど。

しかし、それ以外の時はなんとな人生の時が流れているのではないでしょうか?

そんな人生でいいのであればそれはそれでいいのですが、そうじゃない場合。

そんな時は、人生に求めるのもを明確にして日々を過ごす必要があります。

頭の中でわかっている、思っているだけじゃダメなんです。

  1. 紙に書いて毎日何度も見る
  2. 毎日声に出して求めていることを言う
  3. 毎日求めていることをイメージングする

などなどのことが必要です。

そうすればよっぽどの事でない限り手に入ります。

以前、次のような面白い話をテレビで見ました。

ある男性、フェラーリに乗るのが人生の夢でした。

しかし、仕事は安月給のサラリーマン。

今の月給ではどう考えてもフェラーリは買えない。

しかし、彼は日々、壁に貼ったフェラーリの写真を見る、通勤途中に定期入れに入っているフェラーリの写真を見る。

こういったことを続けていたそうです。

で、ある日、「絶対になんとしてでもフェラーリを手にする」と決断した彼は実行に移ります。

見事、彼はフェラーリを手にします。

しかし、その代償として、住まいは、「おんぼろアパート」食事は、日々、「インスタントラーメン」か「のり弁当」

まさしく「何かを手にしたければ、何かを手放すことが必要」の見本みたいな方です。

でも、フェラーリを手にしたのです。中古ですが。

支払いは60回払いのローン。

彼の事を「バカ」と思うか、「すごい」と思うか。

彼の人生において一番重要なことが

「フェラーリを自分のものにすること」なのであれば、彼は日々、幸せを噛みしめ暮らしているのでしょう。

おんぼろアパートに住んでいても、食事が寂しくても彼は幸せなのです。

もし、あなたが、自分の人生に「あれがない」「これがない」などと不満を募らせながら生きているのなら「望むものを明確」にし、日々それを思い続けてください。

そうすればそれは手に入りますよ。